未分類

読書体験は成功へのショートカット

本を読むことで多くの人生を生きることができる

読書の効用として一番大きなことは何でしょう?他人が経験することで得た知識を、自分が経験することなく得られることだと思います。自分が経験できることは場所・時間・お金など様々な制約条件により限定的です。しかしながら、本を読めばどこにいても、短時間で、それほどお金をかけることなく知識を得ることができます。なにより、知識を得ることに喜びを感じることもできます。いわゆる知的好奇心の充足というやつです。

 

この世にいない人には話は聞けない

本は書店で普通に売られていますが、作者について考えてみるとすでにこの世からいなくなっている人々の著作物も存在します。もちろん、一番良いのは自分が話を聞きたい人に直接アクセスすることですが超能力でも持っていないとあの世にいる人にはお話を聞けません。でも本であれば何千年前のことでも(もちろん記録が残っていればですが)知ることが可能です。

 

誰かが同じ失敗をしてくれている

人間の営みは昔からあまり変わらないものです。自分が経験することのほとんどは、別の誰かが経験してきたことになるでしょう。そう考えると、決定的な失敗も先に誰かが経験してくれているとも言えます。失敗を回避できるならば、それだけ時間的なアドバンテージを得られることになるでしょう。

 

でも技術の進歩には目を向けよう

自分がこれからする経験は、他の誰かがしてきたことがほとんどとはいえ、技術の進歩によって前提条件が変化することは出てきます。戦国時代であれば、馬に乗る技術は武士の世界で必要不可欠ですが、今は車の運転免許が必要です。これは極端な例ですが時代に沿った知識の習得が必要なのです。インターネットの技術により、様々な情報を得ることのできる世界なので常に更新していきましょう。