未分類

推理・ミステリー小説に役立つ雑学「警視庁と警察庁の違い」

さまざまな事件を扱う警察小説やミステリー・推理小説では、物語に警察が出てくるのが当たり前である。

ただ、ひとことで「警察」といっても、なかなかその中身を把握できていないことがある。そこで、よく物語の舞台となりやすい「警視庁」と「警察庁」の違いを調べてみた。

 

「警視庁」は東京都の警察である

 

結論を言ってしまうと、

 

「警視庁」・・・東京都を管轄する警察組織

 

「警察庁」・・・警視庁を含む全国都道府県の警察組織を指揮・監督する国の機関 

                            

となる。

 

警視庁は、1874年(明治7年)に日本初となる近代警察組織として創設された。当時は全国の警察業務を担っていたが、各地方に警察本部が設置されるようになると東京のみを管轄することになった。

その際「東京都警察本部」になる予定であったのだが、伝統ある名称を継承したいという意見があり「警視庁」の名が残されることとなった。

 

東京都の警視庁の他、全国には46の道府県警がある。ちなみに、戦後まもないころ大阪府警は「大阪警視庁」と名乗っていた時期があったそうである。

 

「警察庁」は全国都道府県警を指揮・監督する国の機関である

 

国の機関である「警察庁」は、全国都道府県警察の上に位置し、その指揮・監督を任務としている。実働部隊は存在せず、現場の捜査などにはかかわることはないが、警察活動を行う上での必要な施策の企画立案、予算確保、法案の作成などをおこない、全国の警察をまとめている。

また、付属機関としては幹部クラスに昇任する警察官が必要な知識を習得するのに通う「警察大学校」や科学捜査や犯罪に関する調査研究を行う「科学警察研究所」、天皇及び皇族を護衛する「皇宮警察本部」などがある。

 

「警視総監」と「警察庁長官」はどちらがえらい?

 

東京を管轄する「警視庁」に対し、その上にあり指揮・監督する「警察庁」という関係から警視庁のトップである「警視総監」より警察庁のトップである「警察庁長官」が偉いと言える。

 

警察庁長官は、内閣総理大臣の承認を得て、国家公安委員会が任免する。

警察法において警察庁長官は、「階級の対象外」となっているが、全警察職員の最高位とされている。

 

物語の舞台としてよく使われる「警察」であるが、意外と知らないことが多いものだ。

ディテールを知ることで物語の世界観をより深く味わえるのではないかと思う。