読書感想

『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方』 motoさん著を読む

こんにちは 本日はmotoさん著の『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方』です。motoさんは、1987年長野県生まれで地元短大を卒業後、ホームセンターに入社。その後リクルート・楽天など4度の転職を経て現在は本業年収1000万、副業年収4000万を稼ぐエクストリームサラリーマンとして、TwitterやネットラジオⅤoicyのパーソナリティとして活躍されています。そのmotoさんがご自身の転職経験やメディア運営といった知見を総動員して書いたのがこの本であります。


転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

楽天はこちら↓↓
転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方 [ moto ]

motoさんの【素(もと)】

少し前にはサラリーマン=社畜で、フリーランス礼賛の風潮がありました。しかしながら現在はいわゆる『働き方改革』で大手企業を先頭に、長時間労働の減少や副業解禁の方向により急速に働き方がホワイト化して働く人々の意識が変化する過渡期にあるようです。

そんな中で転職及び副業の取り組みをどのように考えたら良いのか。motoさんの考えは以下の通りです。

・サラリーマンの立場で仕事をすることにより多くの経験や知見が得られる。

・正社員という社会的に保障された立場で堅実なエリアを保持することが可能。

・得られた経験や知見は、個人でお金を稼ぐための「素(もと)」になる。

ここで「素(もと)」という言葉が出てきました。これがmotoさんのペンネームの由来なのでしょう。そして一番言いたいことなのかなと思います。

就活中の学生や若いサラリーマンはこれからの時間を個人の能力アップに使い、自分オリジナルの『商品』を作っていくべきでしょう。

普通のサラリーマンはどうすれば・・・

副業解禁だったり長時間労働の減少は、個人の価値を高めようとするサラリーマンにとっては年収アップのチャンスとなりますが、普通のサラリーマンはそこまで考えて仕事してないんじゃないかと思う部分もあります。副業を考える上でも、労働力の切り売りでは時間に追われて本末転倒になってしまいそうです。自分の人生経験の中でいったい何が人に価値を与えられるコンテンツとなるのか。会社との距離の取り方や市場に軸を置いて仕事の中でいかに『個人』を売れる商品を作るのか。これからの仕事への取組み方を改めて考えるきっかけとしたい内容でした。

会社も社会も誰も助けてくれる訳ではない。当たり前のことだけど今まで見ないようにしてきたツケがそろそろ回ってきそうですね。


転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

楽天はこちら↓↓
転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方 [ moto ]